満員電車でゆらゆら揺られて

ゆらゆら、どころかぎゅうぎゅう。
たまに片足で立っている時もあります。
そしてつかまるのはつり革ではなくおじさんの腕…。
申し訳ないと思いながらも、他につかまるところがないのでそのままつかまったりもします。
自分がつかまられても、朝の電車だったらそこまで怒ったりはしないかな~
だって朝の電車ってなんだか空気が違う。
みんな「しょうがない」って諦めてるから。
足を踏まれてもしょうがないし、おじさんの鼻息がかかってもしょうがないんです!
でもたまに舌打ちされたり…ってことはあなたは迷惑かけてないんですよね!?
と怒りたくもなります。
満員電車にゆーらゆら、明日も明後日もずっと続くと思うと憂鬱ですね。

健康のバロメーターは爪?

先日、けっこう長い期間お腹が痛い期間があったんですね。ちょっと症状が重くなるたびにお医者さんへ行って、あっちのお医者さんでは「わからない」こっちのお医者さんでは「ストレスでしょう」そっちのお医者さんでは「逆流性食道炎ではないか」などと言われて結局どのお医者さんでも同じ系統のお薬を出されるという・・・。

結局いまは治っているのでどのお医者さんが正しかったのか、原因は解消されたのか、まだ潜伏しているのかわからないままなのですが、気にする方が体に悪そうなので放置しています。歳を取ってくるとどこかしら体にガタはきやすいものですし。

で、その当時、親指の爪のところにボコっと穴が開いていたんですね。調べてみるとなにやら体の不調は爪に出てくることがあるとのこと。穴があいたり、色が変わってきたり、反り返ってきたり、などなど・・・。件のお腹の傷みがなくなると、爪が伸びるにつれて穴もなくなったので安心していたのです。

ところがこの間、しげしげと爪を眺めていたら、「あれ? 私の爪ってこんなに縦に筋が入っていたっけ?」そうなのです。昔はつるんとしていたはずの爪が、光にあてると縦の筋が入っているのが見えるし、指で触ってもその筋の手触りがあるのです。これは何の病気の兆候!? と慌ててインターネットで検索。最近は便利ですね。検索結果は・・・「老化によるものです」・・・老化・・・病気でなかったのは安心したのですが、そうか、老化か・・・。
万田酵素