痛みを記憶する脳を修復するには運動が効く

看護師の仕事をしていましたが、首が悪くなって仕事をやめました。

むちうちのような状態でした。

患者さんがレントゲンを取るときの補助で変な角度に首を向けていたのがきっかけでした。

首にコルセットを巻き、頭痛がひどく、毎日、痛み止めを飲んでいました。

牽引をしに通っていた整形外科で「看護師さんにこんなことを言うのもなんだけど、ラジオ体操でもしてみたらどう?」と先生に言われました。

物は試しとNHKのテレビに合わせてラジオ体操をしてみることにしました。

するとなんとなく、調子がいいのです。

あるペインクリニックでは痛みをとるために患者さんに一日中、運動をさせ続けるプログラムがあります。

体の故障箇所は治っても脳が痛みを記憶しているのです。

それが運動することと、明るい、希望に満ちた考え方を学ぶことにより治るといいます。

痛みに苦しむ患者さん達は「痛い」といいながらも一日中運動をさせられます。

そして、休憩時間には「私は治る、きっと大丈夫!」という明るい考え方を教わります。

なぜ運動が痛みを感じる脳を修復するのかは分かりませんが簡単な運動としてラジオ体操はお勧めです。

善玉菌のチカラ

ラジオ体操で健康に!

私は社会人になってからほとんどといっていいほど運動することがなくなってしまいました。このままではいけないと思いジムに通ってみたりもしましたが、元々運動が苦手なので続きませんでした。そんなときに書店でいまラジオ体操がブームであるという本を読みました。
なんでもラジオ体操には、あの短い体操の間に有酸素運動・筋力トレーニング・ストレッチなどの様々な運動効果があるというものでした。誰もが子供の頃にやったことがある体操であり、気持ちよく体を動かすことができるのとのことだったので早速挑戦してみることにしました。
朝早く起きてテレビで放映されているラジオ体操を行ってみることにしました。勝手がわかっているので自然と体が動き無理なく行うことができました。しかし真剣にやるとうっすらと汗をかき、肩で息をしている自分がいたことに驚きました。確かに十分な運動効果があるなと感じることができました。
約1ヶ月続けたところ、長年悩んでいた肩こりや動かさないために起きていた五十肩の症状が軽くなりました。腰痛も軽減し、体が健康になっていくことを自分の体で実感することができました。日課としてこれからも健康のために続けていきたいです。

鮫玉

私の健康法

私は、専門学校に通い出してから一人暮らしを始めたのですが、友達もあまりできずなんだか生活になじめず体調を崩し始めました。

一回救急で入院してから体調や生活環境を変えなければ治らない内臓の病気をしてしまったので、そこから、健康に気を使うようになりました。

まず改善したのは煙草をやめる事です。
最初は大変でしたが一週間もすれば体も変化してきて空気の違いや朝起きるときのすがすがしさ、ご飯のおいしさが違いました。

嗜好品として使用していたのですが、体に悪いのはもっともで無くても生きていけるので本当に辞めてよかったと思います。
健康の為に生きるのは過ごしやすくするためで苦ではありませんでした。

そして食事です。
普段は濃い味のものを食べていたのですが食材の味を楽しむようになりました。
煙草をやめてちゃんと味が分かるようになりましたし、薄くても十分になりました。

体もみるみる元気になり、食事の改善はいい健康法だと思いました。
一番の健康法だと思います。まず、自分の出来る改善法をしていくことが大事なんだと思います。

黒酢サプリメントならこちら⇒http://xn--u9j506tz8nflgqvi.net

健康のために白湯を飲んで体を温める

少し前から白湯を飲み始めました。
毎日飲んでいるわけではありませんが、それでも週に2、3回は飲むようにしています。
水を温めてお湯にして飲むわけですが、これがとても美味しいのです。
白湯は健康にも良いというふうに言われており、白湯を飲むことで体が温まります。
そして胃や腸を綺麗にしてくれるのです。
なので白湯を飲み始めてからは消化力が上がったと思っています。
また体が温まるということは、代謝も上がるということにもつながると思います。
なので、個人的には白湯を飲むことでいろいろとモチベーションも高まってくる傾向があります。
もちろん個人差はあると思いますが、白湯を飲むことのメリットはとても大きいと思います。
何より、コストがほとんどかからないのがいいですよね。
基本的には綺麗な水を温めて飲むようにしています。
なので、もし水を購入するとしても水ってそんなに高い飲み物ではないので、手軽に購入することができます。
コストがほとんどかからないので、継続もしやすい健康法だと思います。